60分で音色が変わる!趣味や仕事で歌や楽器を演奏する方が上手くなるための身体と心の使い方

楽器を演奏するとき、歌を歌うとき、そのときに必要なことは演奏技術だけではありません。身体をどんなふうに使うか?心をどのように保つのか?も演奏技術と同じくらい大切なスキルです。音楽を楽しみ続けるための身体や心の使い方についてお伝えします。

演奏している時の視野はどうなっていますか?

こんにちは。

楽器演奏者&歌手専門カウンセラー

川原里沙です。

  

トランペットを吹くとき、舌は大切な役割を果たしています。

トランペットに限らず管楽器を吹くときと言ってもいいかもしれません。

 

なので、練習しながら

「今、舌はどうなっているだろう」

とよく観察しています。

 

でも注目するほど、舌を同じ位置でキープできず

不安定に動いてしまいます。

 

どうしたものかと考えていましたが・・・

ある時ふと、「自分が出している音」に注目することにしてみました。

 

そうしたら

舌を同じ位置でキープして吹き続けることができました。

 

舌がどうなっていたかも、

吹き終わった後に思い出してみたら、ちゃんと何をしていたか分かりました。

 

「自分が出している音」をちゃんと聴いていれば、

自分がしていることは全て音に現れているんだなと

当たり前のことを再確認しました。

 

舌をどう使うかだけでなく

吹くときに身体をどう使うか

どんな音を吹きたいのかをイメージしてから吹き始める

 

そうすることで

「舌」という部分に固執してしまって、狭くなってしまっている視野を

広くすることにも役に立ちます。

 

「舌の動かし方」など、一部分に注目して練習しているときにはいいですが、

曲を演奏するときなどにも同じことをしてしまうと

演奏している時の力みにもつながりやすくなります。

 

 

演奏していて力みを感じた時には

1度、周りを見渡したり、周りの音を聴いてみたりして

視野を広げてみてください。

 

そしてそのまま演奏すると、力みの軽減に役に立ちます(^^)

 

 

 

 

************************

普段の生活からできる音楽に役立つ

身体の使い方や、メンタルについてのお話を

メルマガ「川原版(かわらばん)」で配信しています。 

 

「川原版(かわらばん)」にご興味ある方は

こちら↓をクリックしてご登録ください。

川原版(かわらばん) 読者登録

************************