60分で音色が変わる!趣味や仕事で歌や楽器を演奏する方が上手くなるための身体と心の使い方

楽器を演奏するとき、歌を歌うとき、そのときに必要なことは演奏技術だけではありません。身体をどんなふうに使うか?心をどのように保つのか?も演奏技術と同じくらい大切なスキルです。音楽を楽しみ続けるための身体や心の使い方についてお伝えします。

自分の中の隠れた元気を見つけ出す方法

こんにちは。

楽器演奏者&歌手専門カウンセラー

川原里沙です。

 

心が落ち込んでいるときに

気持ちを盛り上げようとして、少し無理をして元気な曲を聴くということは

ありませんか?

 

そんなときには

聴く音楽も心と同じくらいの温度・テンションの曲を聴くと

自然な流れの中で元気になっていくことができますよという

 

「同質の原理」

 

という考え方があります。

http://happysquirrel.hatenablog.com/entry/2017/07/14/162147

 

 

この「同質の原理」ですが、

今日は少しおもしろいことがありました。

 

今日の朝は、昨日からの疲れが残ってしまったのと寝不足だったのとで

あまり元気がありませんでした。

 

でも、今日聴きたくなったのは明るい曲

気分は全然明るくなかったのですが・・・

 

とりあえず自分の感覚に従ってその曲を聴いてみることにしました。

 

しばらく聴いていると、明るい気分になり元気になってきました。

 

何度もリピート再生していたこともあったくらい大好きな曲だったので

曲から元気をもらった部分もあると思いますが、

 

「眠たい〜~」が強すぎて隠れてしまっていた

自分の中にあった「元気」に気づかせてもらったような気がしました。

 

私が意識してない「元気」と

曲が共鳴してくれたのかもしれないと嬉しくなりました(^^) 

 

 

「こういう状態になりたいから、この音楽を聴こう」

ではなく

「何となくこの音楽が聴きたい」

 

自分の気持ちに素直に音楽を聴くことは

1番身近な音楽療法なのかもしれません。

 

 

 

************************

メルマガ「川原版(かわらばん)」配信しています。

メルマガ限定の情報などもお届けしています。

 

「かわらばん」にご興味ある方は

こちら↓をクリックしてご登録ください。

川原版(かわらばん) 読者登録

************************