楽器演奏者&歌手の方へ 60分で音色が変わる身体と心の使い方

楽器を演奏するとき、歌を歌うとき、そのときに必要なことは演奏技術だけではありません。身体をどんなふうに使うか?心をどのように保つのか?も演奏技術と同じくらい大切なスキルです。音楽を楽しみ続けるための身体や心の使い方についてお伝えします。

自分1人で決められないときは・・・

こんにちは。

楽器演奏者&歌手専門カウンセラー

川原里沙です。

 

前回のブログで

私は「どっちにしよう?」と迷ったとき、

「自分の中のどこにその気持ちがあるだろう?」と探してみます

とお伝えしました。

http://happysquirrel.hatenablog.com/entry/2017/10/01/224742

 

 

でも時々、

探してみても「やらない」という気持ちが見つからない時があります。

「やる」か「やらない」かで迷っているのにです。

 

「おかしいなぁ・・・」と思い

もう少し自分の気持ちと向き合ってみて思ったことがあります。

 

それは

 

新しいことに挑戦する不安から「やらない」という選択肢を

自動的に思い浮かべているのでは?

 

ということです。

 

以前、横山信弘さんのセミナーに行ったときに

 

「感覚で意思決定をして論理で修正する」

 

というお話をされていました。

 

感覚で決めた「やらない」という感情を論理で修正する

 

振り返ってみると

 

私は他の人に話すことで

話した相手が言った言葉を引用して

「やらない」理由を論理で修正していることが多いと気がつきました。

 

他の人に話すことで

自分の中の問題を客観的に考えるヒントをもらい、

自分が引っかかっている論理的な理由に気がつくことができます。

 

感情を切り離せず、自分では客観的に問題を見られないときには

他の人に代わりに見てもらうことも解決策の1つです。

 

 

でも、注意点もあります。

他の人の言葉に振り回されて、感情的になってしまうことがあります。

 

そんな時は、「相手も自分のことを考えて言ってくれているんだ」と思い、

冷静に受け止めてみましょう。

 

 

 

************************

メルマガ「川原版(かわらばん)」配信しています。

メルマガ限定の情報などもお届けしています。

 

「かわらばん」にご興味ある方は

こちら↓をクリックしてご登録ください。

川原版(かわらばん) 読者登録

************************