楽器演奏者&歌手の方へ 60分で音色が変わる身体と心の使い方

楽器を演奏するとき、歌を歌うとき、そのときに必要なことは演奏技術だけではありません。身体をどんなふうに使うか?心をどのように保つのか?も演奏技術と同じくらい大切なスキルです。音楽を楽しみ続けるための身体や心の使い方についてお伝えします。

自分で「音痴」を作り上げていませんか?

こんにちは。

楽器演奏者&歌手専門カウンセラー

川原里沙です。

 

こんな話を時々聞きます。

 

「歌うのは好きだったんだけど、音痴って言われて・・・

それから歌わなくなりました」

 

好きなのに歌うのをやめてしまった・・・

こんな話を聞くたびに私は悲しい気持ちになります。

 

歌の先生によると、

本当に音痴な人はほとんどいないそうです。

 

音痴と誤解されてしまう多くのケースは、

 

自分の声の高さに合っていないキーで歌っているために

その高さの音を出すことが難しくて外れてしまう

 

のだそうです。

 

そんな状態で歌っているために、聞いた人から「音痴」と言われて

「自分は音痴なんだ」と思ってしまう。

 

そして「自分は音痴なんだ」と思っている内に、

音痴な自分をどんどん作り上げていってしまう・・・

こんな悪循環も生まれているのではないかと思います。

 

自分で「私はこうなんだ」と思っていると、

現実もそのようになっていってしまいますからね。

 

「思う力」はとても強いのです。

 

私も歌っていて音が外れてしまうことがあります。

それを「私は音痴なんじゃないか」と思っていたことがありました。

 

でも客観的に見てみると、

たいていは純粋に音が取れていないだけなことに気がつきました。

 

音が取れていなければ、音を外してしまっても当然ですよね。

 

でも、

そもそも歌う時には必ず、音を正確に歌えなければいけないのでしょうか?

 

正確な音で歌えることは素晴らしいことですし、

上手く歌えたら気持ちいいですよね。

 

 

しかし自分が楽しく気持ちよく歌うことが目的の場合、

正確な音で歌うことは、そんなに重要なことではないかもしれません。

 

歌うのは好きだけど、音痴だし・・・

と尻込みしてしまう時には、

「自分は何で歌いたいのかな?」と一瞬、思い出してみてください。

 

「私は音痴」という呪縛から解放されて、自由に楽しく歌っていたら、

歌もいつもより上手く歌えているかもしれませんよ(^^)

 

ちなみに私は本番に向けて歌うとき以外は

自分の気持ちよさを優先します。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メルマガ「川原版(かわらばん)」配信しています。

メルマガでは具体的なワークの方法や

限定のテーマなどもお届けしています。

 

ご興味をお持ちいただきましたら

こちらをクリックしてご登録ください。

川原版(かわらばん) 読者登録