楽器演奏者&歌手の方へ 60分で音色が変わる身体と心の使い方

楽器を演奏するとき、歌を歌うとき、そのときに必要なことは演奏技術だけではありません。身体をどんなふうに使うか?心をどのように保つのか?も演奏技術と同じくらい大切なスキルです。音楽を楽しみ続けるための身体や心の使い方についてお伝えします。

自分で「決める」ことをしてみたら・・・

 

こんにちは。

楽器演奏者&歌手専門カウンセラー

川原里沙です。

 

先日、インナーボイスセラピーというセラピーを体験してきました。

童話をテーマにして描かれた78枚のカードを使って

自分の潜在意識に隠れていて気がついていない自分の声を聞くというセラピーです。

 

ご興味ある方はこちらをご覧ください。

http://www.konymiki.com/

 

さて、このセラピーを受けて

新しい発見の連続!ということはありませんでしたが、

 

自分で気がついていたことや周りの人から言われて

「確かにそうだな、そうしたいな」と思っていたこと、

最近いろいろ感じたり、思ったりしていたことを

 

「潜在意識でもそう思ってるんだ」

 

と確信することができました。

 

セラピーを受けた直後は、

言われたことのほとんどを理解できていない状態でした。

 

そんな状態でしたが、1つだけすぐに「決めた」ことがあります。

 

それは「種を蒔く」ということ。

今の私が行っている行動は全てが未来への種蒔きなんだな

潜在意識の声を聞いていて、とても納得することができたのです。

 

「種を蒔く」と決めただけで自分のあり方が変わったのでしょうか。

 

セラピーの後にアレクサンダーの学校に行ったのですが、

いつもより周りの人たちとの距離感が心地よく近くなりました。

 

「そう、こんなふうにこの人たちと接したかったの!」

という心地よさです。

 

学ぶ場が私の安全地帯に変わった瞬間かもしれません。

 

特にかかわりのない方々からも話しかけられたりして

いつも通っている学校なのですが、いつもと違う場所のようでした。

 

 

アレクサンダー・テクニークの授業の中でも

「自分で選択し、自分で決める」ということをいつも言われています。

 

そしてアレクサンダーを学ぶようになってから、

自分自身でも大切にしていることでもあります。

 

自分で「決める」ことで変化が起き始めることを

周りも巻き込んで経験できた、貴重な体験でした。

 

 

「実際に行動を起こす」ことが難しく感じるとき、

まずは自分にとって難しくない範囲で

「決める」ことから始めてみたら、第1歩が動き始めるかもしれません。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メルマガ「川原版(かわらばん)」配信しています。

メルマガ限定のテーマでも記事をお届けしています。

 

ご興味をお持ちいただきましたら

こちらをクリックしてご登録ください。

川原版(かわらばん) 読者登録