楽器演奏者&歌手の方へ 60分で音色が変わる身体と心の使い方

音楽の好きな人が音楽を生涯楽しむことをサポートしたい!という想いを込めたブログです。

自分のことを許してあげる

こんにちは。

楽器演奏者&歌手専門カウンセラー

川原里沙です。

 

アレクサンダー・テクニークという名前を聞いたことのある方もない方も

いらっしゃるかと思います。

 

聞いたことのない方は「何それ?」だと思いますが、

聞いたことのある方にとっては、

アレクサンダー・テクニークは身体のことを扱うもの、

ボディワークのようなイメージを持たれる方も多いかもしれません。

 

私も自分で実際に学び始める前はそんなイメージでした。

 

でも、学びを進めていくにつれて

 

自分の考え方や意識の持ち方と向き合うことが

身体について考えるのと同じくらい多いことに気づかされます。

 

 

そんな考え方の中で、私の大好きな考え方の1つに

 

「〇〇することを許してあげる」

 

という考え方があります。

 

たとえば、料理の腕を磨くために、ご飯は自炊すると決めていたとします。

でも今日は1日いろいろなことで心身ともに疲れ切ってしまいました。

もう今日はご飯作るの面倒だな・・・と思った時に

 

「今日は疲れてしまったからお惣菜を買って帰ろう」

 

と自分で設定している目標や基準をやらないことを

自分自身に許してあげるということです。

 

何かをする時に

 

「より良いかたちで、完璧なかたちで」

 

と思うことは素晴らしい姿勢ですし、自分が成長していくのに大切な気持ちです。

 

私も以前は完璧主義なところが強く、

今もまだこういう発想が顔を出すことがあります。

 

でも、そう思うことで、自分自身が苦しくなってしまうこともあります。

 

そんな時には

 

その行動をすることで達成したい目的は何だろう?

 

と自分自身に問いかけてみます。

 

さきほどの自炊の例でしたら、

「私が毎日、自炊する目的は何だろう?」

ということですね。

 

目的は料理の腕を磨くこと

決して、毎日料理をすることが達成したい目的ではありません。

 

なので、毎日自炊することにこだわる必要はないのです。

ならば時には、お惣菜に頼る自分も許してあげることができます。

 

達成したい目的に直接的に関係しない部分は手を抜くことを

自分自身に許してあげる

 

目的をはっきり自覚していれば、他の部分で手を抜くことを許してあげても

目的には近づいていくことができますから。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メルマガ「川原版(かわらばん)」配信しています。

メルマガ限定のテーマでも記事をお届けしています。

 

ご興味をお持ちいただきましたら

こちらをクリックしてご登録ください。

川原版(かわらばん) 読者登録