楽器演奏者&歌手の方へ 60分で音色が変わる身体と心の使い方

楽器を演奏するとき、歌を歌うとき、そのときに必要なことは演奏技術だけではありません。身体をどんなふうに使うか?心をどのように保つのか?も演奏技術と同じくらい大切なスキルです。音楽を楽しみ続けるための身体や心の使い方についてお伝えします。

基礎練習を楽しくする方法

こんにちは。

楽器演奏者&歌手専門カウンセラー

川原里沙です。

 

先日、久しぶりに友だちとランチをしていました。

この日のランチメンバーは、

ピアノ、ギター、チェロ、トランペットと、

みんな何かしらの楽器を演奏しています。

 

そんなメンバーなので、楽器の話も自然と話題になりました(^^)

 

楽器の話をしている中、基礎練習の話になりました。

 

一般的にもよく言われる言葉ですが

「大事なのは分かるけど、つまらないからやる気が起きない」

こんな話がここでも言われていました・・・

 

 

みなさんは基礎練習にどんなイメージをお持ちでしょうか?

 

つまらない?

飽きる?

 

そんなネガティブなイメージ、お持ちではないですか?

 

私は昔、そんなイメージを持っていました。

 

しかし、プロのピアニストの方が練習曲(しかも初心者向けの曲)

を弾くのを聴いたとき、このイメージは一変しました。

 

「練習曲にストーリーがある!」

 

その方の練習曲の演奏を聴いたとき、目が覚めたような気がしました。

初心者向けの簡単な練習曲も名曲になるのを

目の当たりにした瞬間でした。

 

このときに私は

「練習曲をつまらないものにしているのは自分なんだ」

と気づかされました。

 

そして今まで出会ってきた練習曲たちに

「勝手につまらないと決めつけてごめんなさい」と申し訳ない気持ちになったのを

今でもよく覚えています。

 

それからは音階や練習曲など基礎練習をするときに、

 

「この音の流れはどんな表情を持っているんだろう?」

「私はどんな音でこの音階を吹きたいんだろう?」

 

とイメージすることから始めるようにしました。

 

まず音をイメージすることから始めるようになってから、

 

ただ音を出している基礎練習から目的を持って音を出す基礎練習に変わり、

成長速度も速くなったように思います。

 

そして基礎練習は奥が深いというポジティブなイメージに変わりました。

 

せっかくなら、曲を演奏している時だけでなく、

基礎練習をしている時も、自分にとって楽しい時間にしたいですから(^^)

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メルマガ「川原版(かわらばん)」配信しています。

メルマガ限定のテーマでも記事をお届けしています。

 

ご興味をお持ちいただきましたら

こちらをクリックしてご登録ください。

川原版(かわらばん) 読者登録