楽器演奏者&歌手の方へ 60分で音色が変わる身体と心の使い方

楽器を演奏するとき、歌を歌うとき、そのときに必要なことは演奏技術だけではありません。身体をどんなふうに使うか?心をどのように保つのか?も演奏技術と同じくらい大切なスキルです。音楽を楽しみ続けるための身体や心の使い方についてお伝えします。

私にとってのアレクサンダー・テクニーク

こんにちは。

楽器演奏者&歌手専門カウンセラー

川原里沙です。

 

アレクサンダー・テクニークという言葉を聞いたことがある方にとって、

「身体の使い方」について取り扱うメソッドという印象をお持ちの方は

多いのではないでしょうか?

 

私も学び始めたときは

そんなイメージを持っていました。

 

でもそんなイメージを覆した体験がありました。

 

少し前のお話になりますが、

ゴールデンウィークの時にアレクサンダー・テクニークの合宿に

行っていました。

 

合宿に行く前は、私にとってのアレクサンダー・テクニークとは、

 

身体の構造に合わせて身体を使うことで、

自分が出来ることの可能性を広げ、生きることを楽にするもの

 

と思っていました。

 

でも、合宿で朝から夜まで1日中、

いろいろな活動を通してアレクサンダー・テクニークと向き合い

第一線で活躍されるいろいろな先生の教えを受けてから、

 

私にとってのアレクサンダー・テクニークとは

 

自分の在り方と向き合い、どう生きたいのかを選択し決めていくこと

 

と変わりました。

 

自分の在り方とは

 

身体の使い方

心の在り方

自分はどんなふうに生きたいのか

今この瞬間、どう在りたいのか・・・・・・

 

「在り方」と一言で言うと

漠然とした印象を持たれるかもしれません。

 

時間という視点、身体という視点など

自分自身を見てみたときには、いろいろな「在り方」があります。

 

それを瞬間瞬間、1つ1つを自分自身で決めていくこと

 

それがアレクサンダー・テクニークなんだなと思います。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メルマガ「川原版(かわらばん)」配信しています。

メルマガ限定の情報もお伝えしています。

 

ご興味をお持ちいただきましたら

こちらをクリックしてご登録ください。

川原版(かわらばん) 読者登録