楽器演奏者&歌手の方へ 60分で音色が変わる身体と心の使い方

音楽の好きな人が音楽を生涯楽しむことをサポートしたい!という想いを込めたブログです。

自分が何をしたいのか決める

こんにちは。

楽器演奏者&歌手専門カウンセラー

川原里沙です。

 

実際に行動するとき

私たちの中ではどのような動きが起こっていると思いますか?

 

私たちが行動するとき、

まず頭の中で「〇〇しよう!」「〇〇したい!」と思いつきますね。

たとえば「よし、部屋の掃除するぞ」など。

 

では次に何を思うでしょう?

 

それを今することができるのかなど、意識的・無意識的に

情報収集をしているかと思います。

 

「掃除をするぞ」と思ったとして、

「今の時間は掃除ができるかな」

「出かけるまでの間にできる掃除は何だろう」など、

今、掃除ができるのかな、どんな掃除ができるかなと実行可能かどうかを

判断します。

 

そして「実行!」と決めたときには

頭と脊椎、全身が連動して動き始め、思った通りの行動ができます。

この場合だったら、掃除が始まるのですね。

(頭と脊椎、全身の連動についてはこちらをご覧ください)

http://happysquirrel.hatenablog.com/entry/2017/08/03/212919

 

 

こんなふうに考え(頭)と身体が協調して

私たちはいろんな行動をしています。

 

楽器を演奏するとき

スポーツをしているとき

普段家事をしているとき などなど・・・

 

いろんな行動をしているとき、この機能が働いていますが、

 

自分の思うようにできなかったり

身体を痛めてしまったりすることが

 

あると思います。

 

そんなときは「こうしたい」ではなく

「こうしなければならない」という考えが

この機能を妨げているかもしれません。

 

子どもの頃から親に言われてきたこと

社会生活の中で求められること

他にも今は「こうした方がいい」という情報があふれています。

 

無意識に「しなければならない」と思っていることがあるかもしれません。

 

「ねばならない」と思っているとき

結果に意識が向かってしまいがちです。

 

結果に意識が向かうことで決める過程が省かれ、

身体が意識を追いかけるかたちになると

身体はうまく動くことができなくなってしまいます。

その結果、いいパフォーマンスを発揮しにくくなるのです。

 

実力を発揮できないのは残念です・・・

 

まず

「何を」「やる」

「何を」「やらない」

を決める

 

決めてから動くことを少し意識してみると

いつもと違う感覚を感じるかもしれません(^^)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メルマガ「川原版(かわらばん)」配信しています。

ご興味をお持ちいただきましたら

こちらをクリックしてご登録ください。

川原版(かわらばん) 読者登録