楽器演奏者&歌手の方へ 60分で音色が変わる身体と心の使い方

楽器を演奏するとき、歌を歌うとき、そのときに必要なことは演奏技術だけではありません。身体をどんなふうに使うか?心をどのように保つのか?も演奏技術と同じくらい大切なスキルです。音楽を楽しみ続けるための身体や心の使い方についてお伝えします。

アレクサンダー・テクニークは実験の繰り返し

こんにちは。

楽器演奏者&歌手専門カウンセラー

川原里沙です。

 

今回はアレクサンダー・テクニークを学んでいる中で、

レッスンの中で大切にされているなと

私が感じていることをお話ししたいと思います。

 

アレクサンダー・テクニークのレッスンでは

 

自分自身が何をしたいと望んでいるのか、

何を考えているのか、

それらを実現するために自分の身体が何をしているのか

 

自分自身がしていることにじっくりと意識を向けて観察します。

 

じっくりと観察することで

 

身体をどんなふうに動かしているのかという気づき

考えていることの気づき

どんな感情を思っているのかという気づき など

 

それまでは気がついていなかった「自分」を見つけていきます

 

本を読んだり、セミナーに行ったりして

何か新しいことを学ぼうとするとき

 

私たちは

 

この悩みを解決したい!

この状況から抜け出したい!

もっと向上したい! 

 

といった

今の自分を変化させたいという望みがあるかと思います。

 

修正・改善するためには、

 

まず自分が何をしているのかを観察して

自分が今、何をしているのかを知っている方が

いろいろと実験して修正していくことがやりやすくなります。

 

 

アレクサンダー・テクニークのレッスンの中で

よく「実験」という言葉が使われます。

 

試してみたアプローチがもし上手くいかなければ

また別の方法を試していけばいいという発想です。

 

「上手くいかない=失敗」ではなく、

上手くいかない方法を発見したととらえます

 

実際に、身体の構造や機能がどうなっているかを知って

身体を動かすなどのテクニカルな部分もいろいろとありますが、

 

「実験する」という考え方は

テクニカルな部分を最大限に活用するためにも

とても大切な考え方だなと思います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メルマガ「川原版(かわらばん)」配信しています。

ご興味をお持ちいただきましたら

こちらをクリックしてご登録ください。

川原版(かわらばん) 読者登録