楽器演奏者&歌手の方へ 60分で音色が変わる身体と心の使い方

音楽の好きな人が音楽を生涯楽しむことをサポートしたい!という想いを込めたブログです。

身体を緩める

こんにちは。

楽器演奏者&歌手専門カウンセラー

川原里沙です。

 

毎週、音楽療法士さんの集まる

勉強会に行っています。

 

その中のおひとりの方、

胃のあたりに力を入れていることが多いそうです。

 

「いつもみたいに胃に力が入ってるな」と

 

胃のあたりを意識した途端、

スッと力が抜けたそうです。

 

前回のブログで

http://happysquirrel.hatenablog.com/entry/2017/07/14/170912

 

 

「緩める」

力んでいる・固めているところに

意識を向けることでやわらかくすること

 

とお伝えしましたが

まさにこのこと。

 

意識を向けることで身体の力は抜ける

とされています。

 

このとき大切なことは

 

ただ自分の身体を観察すること。

 

そこに感情はのせません。

 

たとえば首に力が入っているとしたら、

ただ首に意識を向けて

 

「首に力が入ってるな」と認識するだけ。

 

「また力入ってる。抜かないと」

 

「また肩こりがひどくなっちゃう」

 

などの感情は思う必要はありません。

 

そう思った瞬間、身体は固まります。

 

意識を向けるだけで

あとは身体が勝手にどうにかしてくれます。

 

自分の身体って、

私たちが思っているよりもすごい能力を

持っています(^^)